×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

試験 合格 勉強法

サイトマップ

平成の資格王 試験最短合格勉強法

中村一樹さんの試験最短合格勉学法が真実に効果がある内容なのか購入した観点で紹介したいと思います。

まずはこちらのページで内容を確認してみてください。

平成の資格王試験最短合格勉学法 詳細はこちら

ちなみに私は、この勉学法を使って昨年のケアマネ試験に一発合格できました。勉学時間はたぶん他の合格者平均の数分の1程度。往復の通勤地下鉄での勉学だけです。

勉学が苦手な私でも実績を出すことができたので効果があると言えると思います。中村さんは、公認会計士、国家公務員一種試験などの難関資格をはじめ452個の資格を持っています。東大OB。

すこし気になるのが、東大に入れる階級なので、もともと頭がよかったから資格も一杯取れたんじゃないか?という疑念です。

が、、、中村さんも小さいころは劣等生で勉学はあまりできなかったようです。しかし、この勉学法を身につけてから結果がよくなり、資格試験も次々に通過。

その手法を貴殿も知ることができるんですよ。勉強法ですからもちろん中学受験、高校受験、大学受験といった学生の勉強にも使えます。

平成の資格王試験最短合格勉学法 >>詳細はこちら

資格試験最短合格勉強法

国家資格

国家資格である、介護福祉士の資格を持っているのにもかかわらず、辞める人が後を立たないほど、肉体的に、そして精神的にも苦しい職場であるとされているのです。

これは社会全体が抱えている課題を、数少ない人たち要するに国家資格取得者だけが実感し、受け止めているからであるともいえるのではないでしょうか。

国家資格として、介護福祉士をより多くの人に認知させるのは重要な課題でしょう、これからも、高齢者は年々増えていくのです。

システムアナリストの資格

システムアナリストの資格としては、経済産業省の指定試験機関である情報処理テクニック者試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)センターの試験がとても有名なことですよね。システムアナリストに、どうして企業を経営する感覚や立場が入用かと言えね、現状のコミュニティ動向では、情報化が大方を占めています。

企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)の経営方針と緊密に連動していくこともありますね。
システムアナリストは企業経営の立場に立った、情報処理システムの構築を進める人のことを指すのです。言ってみれば、システムアナリストは情報処理テクニック者と言った場所付けになります。

情報処理の学識を持ったテクニック者であるシステムアナリストが、一つの目的を実現する手段として、システムの提案をします。現状のコンピュータシステムを特効適用できるように、システムアナリストが再構築していくことがシステムアナリストには求められます。システムアナリストが用いるコンピュータシステムはあくまでも道具ですが、企業経営者は人間です。システムアナリストはきちんと意思決定時のことまで汲みとれるようにならなくてはいけないのです。



システムアナリストには専門テクニック(知っていると役に立つことも少なくありません)者としての学識と自負が入用です。現場では、システムアナリストは自身にないテクニック(知っていると役に立つことも少なくありません)を、多くのスペシャリストからの支援で、遂行して行きます。でもまずは、システムアナリストは、自身の得意分野を極めていく方が良いでしょう。

システムアナリストはまず、主体的役割を果たすための学識や技能が問われる場合が多いようです。システムアナリストとして一つ極めれば、他にも運用が利きますし、様々な手法が見えてきます。

システムアナリストの資格は情報処理テクニック者の中でも最高位と目される区分にあります。システムアナリストになりたい方はインターネット(遠くの人とテレビ電話をしたりできるのも、とても便利です)でシステムアナリストの資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)試験は、非常に難しいものとなっています。なぜならシステムアナリストは開発、実施と並行して業務の推進を支援するなどの役割ももうけられているからです。システムアナリストの資格に関して調べてみましょう。

「試験最短合格勉強法」について

中村一樹氏が監修する試験最短合格勉強法は常識を覆す試験合格への道しるべです。平成の資格王直伝の勉強法は凄いです。